webプログラマーはこれからも不足すると予測され、求人募集は変わらずに続くと見られています。けれども当然ながら、どの企業でも優秀なプログラマーの確保を必要としています。そこで高い適性を持つ人材が優先して採用されることになります。プログラマーとしての適性は様々な点で評価されています。論理的に考える癖を持つことは当然ですが、常に短いコードを書く習慣が身に付いている人は適性が高いとされます。ハードウェアの性能が向上しているために、昔のように端的なコードは必要とされてはいません。けれども自らがいかにコードを短くするかにこだわるということは、全てにおいても無駄を嫌い効率化を考えるようになります。

また、物事の説明を端的に行える人も評価されます。本質を捉える能力が高いので、クライアントが求める仕様というものを的確に把握できるからです。さらにコードの見た目にこだわる人も見込みがあります。プログラミングはいわば、芸術にも似た感覚を必要とします。そこに美しさを求める人は、優秀なwebプログラマーの素質があると見られます。さらに条件分岐の可能性をできる限り多く考えられる人も、かなり見込みがあると判断されます。

システム運用においては、予期せぬバグが発生する場合があります。けれどもその可能性をすでに見出すことが可能となるのです。さらには新たに得たテクニックをすぐに試してみたいと意欲的に復習できる人も、常に新しい技術に対応できる可能性が高いと判断されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です