未経験でのwebプログラマー求人について

webプログラマーの定年は35歳ほどであるとの俗説があります。理由は色々とありますが、そのために人材の新陳代謝が早いのも事実です。世の中のIT化は加速し、常に何かしらのシステムが必要とされます。またソーシャルゲーム人気も続いています。そのために全くの未経験であっても求人募集が多く見られます。エンジニアは実力がモノを言う世界ですが、その実力も経験も無い未経験者が仕事に携われるのは、システムなどの開発は複数の技術者からなるプロジェクトで遂行するからです。

その中にはプログラムの動作確認など素人でもできる作業があります。もちろん単にその作業をこなしているだけでは、何のスキルも身につきません。人の書いたコードを真似したり応用してみたりと、独学で学ぶ姿勢を持てばスキルは身についていきます。そのようにして未経験でもwebプログラマーとしての経験を積んでいくことができるのです。ただし技術の進歩は早く、またプログラミングには柔軟な発想も求められます。

さらに経験を積んだ人材には、マネジメントの仕事を求めるものです。業界ではリーダーやマネージャーが不足しているので、仕事ができる人ほどキャリアチェンジをする傾向が見られます。あるいは新卒で就職して10年も経てば、それなりの技術力を持つものです。するとそこで独立を考える人も増えてるわけです。行う作業は同じでも、得られる報酬は全く異なります。それがwebプログラマーの定年は早いと言われる所以です。